Pythonの研修で資格を取得する

Pythonは、オランダ人のグイド・ヴァンロッサムが開発したプログラミング言語です。

文法やコードを極力単純化することで、プログラムを書きやすく読みやすくしてプログラマの作業効率やコードの信頼性を高めることを重視してデザインされました。1991年にバージョン0.9xとして発表されたから、改良が積み重ねられ最新のバージョンは3.7です。中核となる本体部分は小さく実際に使用する際のツールはインターネット上から無料で入手できることや、多くのハードウェアとOSプラットフォームに対応していることから、次第に支持が広がり幅広い分野で利用されるプログラミング言語となりました。

それに伴いPythonに関する研修が広く行われるようになり、資格も定められました。Pythonに関する資格は、「Python3エンジニア認定基礎試験」と「同データ分析試験」とがあります。「基礎試験」は文法や基礎知識を問う試験で、すでに研修の進んだエンジニアだけでなく、これからプログラミングを学ぼうとする人にとっても受験しやすい試験です。

もう一つの「データ分析試験」は、データ分析についての基礎知識とその方法を問う内容になるということで、現在試験を策定中です。2019年度中の実施が予定されていると言うことです。現在Pythonが、windowsパソコンやアンドロイド、iOSを使用するタブレット端末のアプリの開発に広く利用されていることから、これからも研修を行う専門学校やエンジニアの技能を認定する資格が増えていくことが予想されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *