Pythonを研修で学べば資格の取得が可能です

Pythonは研修を受けて内容を理解し実際にプログラムが書ければPythonエンジニア育成推進協会の試験を受けて資格を取ることが出来ます。

C言語やJavaと言ったプログラミング言語同様にシステムの構築やアプリケーション作成、AIに使われている汎用性のあるプログラミング言語で習得が比較的簡単に出来るため使う場合も増えています。AIなどにも積極的に使われていいるため、コンピューターを扱っているシステムベンダーなどではC言語やJavaでプログラムを作成しているプログラマーにも積極的にPythonの研修を行い、資格を取ることに力を入れています。

新人やプログラム経験の無い人でも比較的短期間で習得出来るのでプログラマー不足でアプリケーションの作成に支障をきたすことを防ぐ事にもなります。Pythonの研修を受けて試験に合格して資格を取る方法はプログラミング未経験の方や初心者の方にお勧め出来ますが、他言語でプログラムを作成した経験があるか方は、書店でご自身が理解出来る参考書を購入して学習する方法やインターネットのサイトで学ぶことも可能です。

試験は運営団体が主催し通年で行われ、出題形式はマウスで正解をクリックする方法で試験時間は60分、40問の問題に28問正解すれば合格となります。今後PythonはAiやデータサイエンスでの利用や仮想化技術で使われるプログラム言語の主流となりますので、研修を受けて資格を取得することをお勧め致します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *