Pythonの研修を選ぶなら

C、C++、Basic、PHP、COBOLなど様々なプログラミング言語がありますが、これから最もニーズがある言語と言われているのがPython。

Pythonの特徴はソースコードが短いことにあります。C言語や他の言語と比較すると、少ないコード数でプログラムを記述でき、ビギナーが学ぶのに適したプログラミング言語といえます。Pythonはオペレーションがシンプルなだけでなく、大型開発プロジェクトで採用されています。GoogleのようなグローバルなIT企業でも多く活用しています。Google3大言語としても有名で、その中で唯一のスクリプト言語です。

さて、このPhthonを学ぶにはどのような方法があるでしょうか。独学、eラーニング、講座受講、書籍を利用する…などいろいろな方法がありそうですが、Phthonの研修に参加するという道が間違いがないかもしれません。「初心者が学ぶのに最も適したプログラミング言語」といわれるだけあって、研修もわかりやすいものが多いです。どんな研修を選んだら良いのでしょうか。初心者であれば、プログラミングを全くやったことがなくても、誰でも理解できる内容になっているかどうかも重要なチェックポイントといえるでしょう。

クラス形式の研修は同級生同士で切磋琢磨しながら成長できる恵まれた環境と言えます。何名程度のコースなのかは事前に知っておきましょう。著名なインストラクターや業界トップで活躍中の教師陣に指導を受けられるのかもチェックポイントです。日本ではまだまだあまり知られていない言語なので、自分にマッチした適切な研修を選択しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *