サイトのWebデザインを考える上でのポイントは

近年はWebサイト上で商品・サービスを提供する企業が増えてきました。

そこで重要になるのがサイトのWebデザインです。サイトの印象は会社やお店のイメージに直結します。また、ユーザーにとって使いやすいWebデザインかも重要な要素です。一昔前は綺麗なデザインのサイトを作れば問題ありませんでした。しかし、ネット展開を行う競合他社が増えたことで、綺麗なデザインだけでは売上アップに貢献するのが難しくなりました。現在は、そのサイトが何を目的にしているかを意識してデザインを考える必要があります。

例えば、サイトから商品を購入してもらうのが目的なら、目的である商品購入への道筋が分かりやすいデザインにします。また、商品自体の写真や説明も分かりやすく、見やすいデザインにする必要があります。このように、サイトの最終目的から逆算してWebデザインの設計図を作るのが、売上に直結する効率的な方法です。また、ターゲットを絞るのもデザインを考える上で重要です。主なターゲットが女性か男性か、若い層か中高年かで使用する色なども変わってきます。

もう一つ重要なのがユーザーにとって使いやすいサイトデザインにすることです。使いやすいサイトは一目見てどんなサイトか分かるのが特徴です。情報を詰め込み過ぎて、何を伝えたいのか分からないサイトは多く存在しますが、そのようなサイトはユーザーの滞在率も低くなります。最近はスマホでネットを見る人が増えているので、スマホに対応したWebデザインも求められます。PC上ではシンプルで分かりやすくても、スマホ上では意外と見づらい場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *