WebデザインならCMSのテーマを借りよう

個人で商店を経営している方の中には、自分の店のホームページを作りたいと考える方も多くいるでしょう。

しかし、知識もないままがむしゃらに作ってしまい、結果として満足のいくデザインにならず挫折した方もいるのではないでしょうか。Webデザインと聞くと、HTMLやCSSといった定番の言語から、動きのあるページを作るために必要なjavascriptやPHPなどの中・上級向け言語まで、多彩な言語が入り乱れていることもあり、その全てを覚えるのは大変困難です。しかし、基礎的な言語しか知らなくても、時間をかけずに容易にホームページを作ることができるアプリケーションがあるのをご存知でしょうか。それは「CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)」です。

具体的にCMSでできることは、データベース言語を用いて、ブログ機能付きのホームページが簡単に作れることです。しかも、Webデザインという視点からCMSを見ると、あらかじめデザインが作り込まれたテーマ(ひな形)をベースにサイトを作りあげてゆけば、一からデザインするよりも大幅に時間を短縮することができる優れものなのです。

テーマは、ダウンロード時に入っているものだけでなく、世界中の腕に自信のあるプログラマーが製作、公開している作品も利用することができるため、お気に入りのテーマを見つけることができるでしょう。また、自分で一からオリジナルテーマを作ることも可能なので、操作に慣れてきたら挑戦してみるのも手です。ただし、CMSアプリケーションの多くはPHP言語で動いており、かつCMSの中で独自に使われいる関数も駆使できるように覚えなければいけないので、難易度は高めです。Webデザインの初心者から上級者まで、レベルに応じていかようにも作り込めるCMSを活用して、素晴らしいサイトを完成させましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *