c言語の通信講座がおすすめ

通信講座でプログラミング言語を学習するなら、c言語がおすすめです。

c言語は古くからある言語であり、一時期はメジャーな言語でした。ところが、技術が進歩しているので今では古い言語というイメージがあるかもしれません。最近ではPythonやSwiftが若者に人気があるようです。習得難易度の高さも初心者が学ぶにはネックですね。c言語の通信講座がおすすめなのは、求人数が圧倒的に多いからです。平均年収はPythonエンジニアのほうが高いですが、Pythonエンジニアの求人はそれほど多くありません。

Swiftも人気急上昇中で年収ランキングで上位にきていますが、求人数はPythonよりもさらに少ないですね。いくら人気が高い、年収が高いプログラミング言語を勉強しても、実際に仕事に就けなければ給料は発生しません。しかし、c言語は習得難易度が高いことが初心者の人にはネックとなります。まずはもっと習得難易度が低い他の言語を学ぶべきでしょう。そのあとにc言語を通信講座で学習するのがおすすめです。

Pythonは初心者の人にもおすすめの言語です。他に初心者向けの言語は、JavaScriptやRubyなどとなります。ゼロから独学で学ぶのはハードルが高いので、最初はスクールなどに通って学ぶのがいいですよ。自分がどのような仕事に就きたいのかも考えましょう。例えば、RubyやPHPはWebアプリケーション開発向けの言語ですが、他の分野ではあまり使えません。Pythonはあらゆる分野で使える比較的オールマイティーな言語と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *