プログラミング学校に通う最大のメリット

プログラミングは独学でも出来なくはありませんが、学校に通って勉強をした方が確実でしょう。

学校に通ってプログラミングを勉強する一番のメリットは、専門家に気軽に質問できるということです。独学でやっている場合でも、インターネットのQ&Aサイトなどを使って誰かに質問をすることができますが、たいていはろくでもない的外れな回答しかしてこないので頼りになりません。その点、プログラミングの学校にはいつも専門知識を持った講師がいてくれますから、質問すれば的確なアドバイスを受けることができるでしょう。

プログラミングの学習というのは、次から次へと疑問点が出てきますし、書いたプログラムが上手く動かなくて困ってしまうことがよくあるものです。そんな時、頼れる人が周りに誰もいないと、孤独感と絶望感に打ちひしがれて勉強を放り出してしまいかねません。すぐ側に質問できる人がいるということは、とても有り難いことであり、これは通学する非常に大きなメリットといえます。

ですからプログラミング学校に通うなら、しっかりと質問できる環境があるところに通った方がいいでしょう。スクールの中には対面ではなくビデオ講義などで授業をやっているようなところもありますが、それだと質問ができない場合があり、独学と五十歩百歩なので避けた方がいいかもしれません。また、講師に教える熱意があるのか、質問にちゃんと回答してくれるのかも重要なポイントです。無料体験入学などをして学校の雰囲気をチェックすることが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *