プログラミング学校が千葉県に多い理由とは

2020年から小学校の必須科目にプログラミングが組み込まれることになりました。

プログラミング教育を幼い頃から実施することで、将来のIT産業を担う人材育成が出来ることと、論理的な思考を子供達に養うという2つの目的が教育には含まれています。この影響を受けて、今までは大人を対象にしてきたプログラミング学校では新たに幼児コースも設けられています。プログラミング学校は日本では、2000年初頭のブロードバンドブームの時期に全国各地で設置され今では約5400校になりました。

その中でも千葉県は計150校もの数であり、全国的に見てももっとも多い件数になっています。なぜ千葉県内にこれほどの数でプログラミング学校があるのかというと、同県の幕張市は世界的に名の知れたIT企業本社とスーパーコンピューターを有するIT研究所があることが理由に挙げられます。千葉県は日本のシリコンバレーという異名があるほど、1990年後半からIT企業が数多く進出している地域です。

その為、プログラミング教育にも力が入っていることが伺えます。人工知能を有したロボットの行動パターンや、スマートフォンに搭載しているアプリゲームの設計など、プログラムの中でも特に難易度の高いカリキュラムを実施している学校も多いのが特徴です。ただ学校の数が多いだけでなく、今後のIT産業に必要になる最新の知識を学ぶにも打って付けの地域環境が千葉県であるといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *