プログラミングは通信講座で学ぼう

プログラミングを学ぶには大きく分けて、独学・通信講座・通学の3つがありますが、どれが一番いいのでしょうか。

経済的・時間的な環境が許すのであれば、スクールに通学するのが一番確実にプログラミングスキルを身につける方法かもしれません。しかし、スクールのごろごろある大都市ならいざ知らず、地方などではそもそもスクールが全くないということも少なくありません。では独学でいけるかというと、かなり難しいというのが定説です。

プログラミングの独学は初学者にとってかなり敷居が高く、難しすぎて挫折する方が少なくありません。そこで注目したいのが通信講座です。通信講座といっても、昔ながらの教材を郵送で送ってくるようなものではなく、オンラインで学べてしまうものがあります。オンライン型の通信講座のいいところは、インターネット環境さえ整っていれば、場所や時間を選ばずにいつでもどこでも学習することができてしまうことでしょう。これなら地方に住んでいるような方も学ぶことができるでしょう。

オンライン講座のいいところは、地方に住んでいても最先端のプログラミングスキルを学べることです。地方にある通学スクールは、大都市にあるスクールと比べると殿様商売みたいな感じて質が劣っている場合も少なくありません。下手にそのようなところに通うと、高い授業料のわりにあまりたいした技術を学べないなんてことになりかねません。その点、通信講座は料金がリーズナブルですし、地域格差のない最先端のスキルを学べるのでおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *